食にこだわりのある人様でした

我が家の義父は、食にこだわりのある人類でした。

執着心・・・と言えば聞こえがいいですが、こちらにとっては、驚くことが多かったんですね。

金字塔驚いたのは、サツマイモを煮たものが、「夕ごはんの副食」になることでした。私の実家では、サツマイモは、蒸かして「おやつ」に採り入れることしかしなかったからです。

あと、「きな粉」を飯にわたって食べるのも、びっくりしましたねぇ。少量のお砂糖というきな粉を混ぜて、飯にかけるのですが、実家では、お餅につけて「あべかわ餅」にするか、「塵芥抱え」にかけるくらいしかなかったからです。

聞くところによると、義父のお父様は、羊羹を副食としていたんですとか・・・(汗)私の副食という考え方が、ボロッボロ崩れていきました。これ、夕ごはんでいいわけ???ってね(笑)

も、羊羹はともかく・・・きな粉はご存知のように大豆を粉状にしたもので、あんまり栄養素価の厳しい献立だ。

食物繊維・イソフラボン・植物性タンパク質・ビタミンE等、カラダに素晴らしい献立ですね。ですから・・・飯にかけるのも、有効なのかなぁ(笑)http://レバリズム・l.xyz/